タグ

地域通貨 Cher 派遣社員 銀座 野口美佳 ギャンブル ノストラダムス 故人献金 ムー大陸 食料値上げ プロファイリング 奇妙な光 韓流ブーム 厨二 大物アイドル 不動産 加藤智大 吹上御所 マック エーライフ 南京大虐殺 サイゾー パーソンズ 新型インフルエンザ症状 集団的自衛権 デビューシングル 古代都市 国際金融資本 真珠湾攻撃 フジテレビアナウンサー 初披露 蘭香レア ロケット 第四次世界大戦? 蟹工船 上野樹里 長野・聖火リレー 月光音楽団 関東大震災 ケビン・クローン ベトナム戦争 ルシファー フォトン 東名高速 非正規雇用 おぎやはぎ 北朝鮮経済制裁 博愛丸 平野早香 丸山眞男 ワロス 一人っ子 アメトーーーーーク! 芸能界のタブー GReeeeN グラミー賞 新型インフルエンザ特徴 倍賞美津子 ニコニコ 夜の鶯谷 加藤容疑者 日本代表 天文学 神道 人権擁護法案 北朝鮮 中国 パニック 新型インフルエンザ対策 kamikaze CMソング ショムニ 写真 アーノルド事件 厚生労働省新型インフルエンザ フリーアルバイター ザイクス PV 朝鮮総連 親子別姓 軍国主義 メディアリテラシー 唐招提寺 CM 庶務二課 マインドコント 解散 変態報道 オーロラ 異星人 堕胎 事故 アメリカ 新型インフルエンザ 夢列島 本田美奈子 朝ズバッ! 宇宙人 都市攻撃 宇多田ヒカル ミカエル Fantasy Bombing 崩御 マスク新型インフルエンザ 左翼 長澤まさみ 鳩山由紀夫 終戦記念日 少女売買 西原亜希 最終回 アイドル ダビデの星 BIS国際決済銀行 ラスト・バタリオン 謎の声 カリブ海、 満州 靖国 VIP ROOKIES イスラエル 前田有一 日刊サイゾー 財部 農業 伯壬旭 桜プロジェクト バスジャック 水川あさみ 大高未貴 新型 ガレージロック 岡田武史 ロズウ 起業家 P2P 民主主義 恐韓症 マイナスイオン 薩長連合 ユダヤ人 安倍政権 毘沙門天 社保庁解体 循環取引 JAPANデビュー ワコール 踊るさんま御殿 氷河期 在日 外国人地方参政権 原子力 闇の実態 NHK集団訴訟 チベット問題 タレント 厚生労働省 アトランティス 共産党 拉致 報道 女子高生バンド 精力 ウォール街 マヤ of 青山繁晴 チャンネル桜 Tommy 海洋基本法 地獄のB組 プラグマティズム クスリ 小林多喜二 class 資本主義 歳末イケてる家電芸人 マニフェスト ホラー 注意力 グローバリズム 911 ニート 政情不安 WaiWai ニュースショー 民法改正 伊勢神宮 パチンコ業界 NHK フリーメイソン LHC ハケンの品格 ドン・アレハンドロ 夫婦別姓 バブル崩壊 反戦活動 YouTube 芸能TABOO フリーター 犯罪 阪神大震災 SCANDAL 瞑想 年金時効撤廃法 ホリケン ハドロン衝突型加速器 NHKスペシャル FNS27 チェッカーズ 鶴見俊輔 ベーシックインカム 素人文化 ジェンダーフリー KeyHoleTV チベット 全米1位 無職 ヘブライ語 フルベッキ ラビ・バトラ 自民党 南京 アポロ計画 新型インフルエンザ予防接種 ランク王国 下着姿 夏の日の1993 めちゃイケ 中継国 UFO インディーズ 山本モナ スペシャル フリーター漂流 受入国 14歳 化石燃料 沖縄左翼 政治資金規正法違反 心霊 虚偽記載 幽霊 通り魔 浜崎 日銀 江頭2:50 ウイグル レベッカ ワールドカップ 家電芸人 広末涼子 毎日新聞 新型インフル AKB48 チーズかつバーガー Tokyo ロックフェラー ヒロシマ原爆 イラク 雀基鎬 エガちゃん ェル事件 リサ・ランドール 瑛太 違法コピー シオニスト 空売り 大東亜戦争 サッカー 人身売買 海底遺跡 防衛省 天皇陛下 ロシア 彼女 加耶大学 竹内文書 中国人 戦争 家族崩壊 法隆寺 2ch ナチスドイツ 性行為 アンビリバボー 青い鳥 都留重人 偽札 フランスのテレビ 胎児 おっぱい パチンコ SCANDAL,TOMOMI,RINA キセキ ヘッジファンド 中国経済 講談社 J-WALK wwⅡ イルミナティー TV 隠し撮り マヤ歴 知ってはならない歴史 野沢尚 第二次上海事変 恐怖政治 画像 3月危機  ちとちんとん 麻薬 怪奇写真 酒井法子 (汗  アメリカ軍 ヒトラー 自由主義 歩行者天国 正社員 米バージニア州銃乱射事件 思想の科学 内戦 臓器移植 黙示録 家族の未来 ナースのお仕事3 ユダヤ語 アーネン・エルベ 朝鮮人 韓国 一世風靡・セピア 社会不安 零戦 送出国 ジュリア 特攻 苫米地英俊 ラスト・フレンズ 名古屋大学 ノルウェー 新型インフルエンザ潜伏期間 松原仁 心霊映像 27時間テレビ 太平洋戦争 新型インフルエンザ検査 保護主義 ロスジェネ 反日 派遣村 下半身 ボランティア団体 犯罪収益移転防止法 自給自足 最終戦争 マイクロソフト ジェームズ・シャノス マフィア 労働者 ダウンタウン 大量虐殺 子供 アイドルマスター 女神転生 海外 上海万博 クラブ エロ­CM 枕営業 教育現場 鳥インフルエンザ セクロス さんま たけし 新潟地震 科学的 ニセ科学 heavenly6 森山直太朗 アルバイト AKB48大声ダイヤモンド 中学イケてないグループ芸人 アメリカのドラマ 教育基本法 偏向報道 稲川淳二 エンジニア 小林よしのり オカルト板 秋葉原 国立追悼施設阻止 アメトーク 政府通貨 動画 東京大空襲 カッコイイ曲 プロパガンダ ハローワーク 麻生太郎 パンデミック 父親 20世紀NG名珍場面 ユダヤ 心霊写真 中国共産党 ティアマト インフルエンザ プロレタリア文学 ブラックホール 地産地消 Final 浜崎あゆみ 民主党 神風特別攻撃隊 wwwwwwwwwwww 井上陽水 無差別 青春時代 USO ピラミッド 記者クラブ 少子化問題 マスコミ 英語版サイト FNS 西松建設 女子アナ 不法入国 オウム W杯 公職選挙法違反 地獄村 パクリ インド ワクチン新型インフルエンザ 献金 山崎樹範 2012年 ロール B2ステルス爆撃機 C・ダグラス・ラミス 

 カテゴリー

全ての記事を表示する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルベッキ写真は一定周期で話題になるんだよな

明けましておめでとうございます。

お正月といえば、やっぱり「フルベッキ写真」・・・

とにかく、この写真が仮に「偽史の証拠」ではなかったとしても、

それとは別に私は「明治天皇すり替え説」(明治天皇=大室寅之祐)を確信しています。



ユダヤ・シュメール・中国すべて日本の枝国だった。太古代、根源人種日本人はあらゆる文明のひな型をつくり出し、高い精神性に支えられた偉大なる超科学文明を築きあげていた。その頂点に君臨したのが、宇宙からの来訪者=天皇だった地球3000億年の記憶。

←中身が立ち読みできます。

ずっと興味あって手に入れ、爆読みでしたよ。
伊勢神宮に参拝したとき凄いパワーを感じ、清清しい気持ちでした。本当に神様はいるんだ・・と。
不思議な内容だけど竹内文書・・凄いです。

四十数人の若者が外国人教師フルベッキを囲んでいる古い群像写真。西郷隆盛や坂本竜馬ら志士たちが集合した記念写真との触れ込みで、忘れたころに世に現れる。以前から、研究者の多くは「英傑大集合などではない」と相手にしていない。「こちら特報部」でも二十一年前にその真偽を探った。それが二十一世紀になって、またよみがえっている。 (宮崎美紀子)
■マユツバなのに収まらぬうわさ

「根拠がないのに、うわさは一向に収まらない。困るんですよ。学者はみんな(英傑大集合は)マユツバだと言っているのに。次の次の世代になると、ますます本物だと信じる人が多くなる」
この写真、いわゆる「フルベッキ写真」を撮影した日本の商業写真の開祖・上野彦馬。その弟の孫にあたる上野一郎・産業能率大学最高顧問は嘆く。
フルベッキ写真」が話題になった最近の例は一九八五年。自民党の二階堂進副総裁(当時)が議場に持ち込み、しばし歴史話に花が咲いた。「こちら特報部」では、その直後、三回にわたって「追跡・謎の写真」を連載、長崎にあった佐賀藩校「致遠(ちえん)館」の生徒とフルベッキの写真で、撮影は一八六八(明治元)年から二年の間に撮られ、「英傑大集合」ではないとの結論に至った。その際、手がかりを教えてくれたのが上野氏で、同氏は「こんな騒ぎには終止符を」と語ったのだが…。
■明治天皇まで写っている説も

二〇〇二年ごろ、今度はインターネットで高額で取引され、「本物だろうか」との相談が寄せられた高知県立坂本竜馬記念館がホームページで注意を呼びかけた。ネットでは今も出回っている。ちなみに、二十一年前は、三十一人の英傑が「判明」していたが、現在出回っているものは四十四人全員の名が書き込まれている。明治天皇が写っているという説も。しかもネット時代だけに伝説は、より速く広範囲に広がる。
さらに〇四年十二月、朝日、毎日、日経の各紙に「幕末維新の英雄が勢ぞろい」「歴史ファン驚きの写真」と、写真を焼き付けた十二万六千円の陶板額の広告が掲載され、「新聞に掲載されたのだから本物か」と謎が再燃した。広告文には「本物である可能性が高い」「この維新史の資料が埋もれていたことが惜しまれてなりません」とある。
広告を掲載した各紙に取材したところ、審査では「広告文に『専門的な研究はこれからですが』とあり『本物』と断定しているわけではない」(朝日新聞社広報部)、毎日新聞東京広告局も同趣旨との判断だったと回答。しかし各紙とも掲載後に「本物か」と読者の指摘があり、「実態把握に努めましたが結論が得られず、誤認を与える恐れがあるとの判断に至り」(毎日)、いずれも以後は掲載をやめた。日経と朝日は掲載時、真偽に議論があることを知らなかったと説明する。
一方、この商品を製造した佐賀県の業者は、「フルベッキ氏の子孫からいただいた写真で、初めから全員の名前が記入されていた。立派な研究者が調べたもの。確かに文献では大集合はあり得ないが、文献だけに頼るのは危険」と自信を持っている。
フルベッキ写真は、過去にも書物に登場している。大隈重信監修「開国五十年史」(明治四十年)には「長崎致遠館 フルベッキ及其門弟」のタイトルで、岩倉具視の息子の岩倉具定らが写っていると説明文にある。雑誌「太陽」(同二十八年)も、一九一四(大正三)年の「江藤南白」も「佐賀藩の学生」と説明してきた。

ところが肖像画家の島田隆資氏が一九七四、七六年に雑誌「日本歴史」に論文を発表。島田氏は、複数の西郷の肖像画を比較し、西郷が写っていると断定。大久保利通、坂本竜馬、陸奥宗光、高杉晋作ら二十二人を割り出した。撮影時期は、彼らが写っているという前提のもと、維新前の一八六五(慶応元)年とした。他の書物にある「維新後」「致遠館」との矛盾は、維新後に敵味方に分かれた英傑たちが一緒に写っているのは困るという政府の圧力で、致遠館の学生として発表したと片づけた。

顔が似ているかどうかを論拠にした島田論文を、文献を基に研究する歴史の専門家たちは「これだけの人が集まったのなら記録があるはず」と、相手にしてこなかったが、島田説の信奉者は多い。

佐賀県を訪れたら、県物産振興協会の売店にも、やはり英雄の名前入りの陶板額が売られていた。新聞広告とは別の業者で「真偽がわからないので、島田論文のコピーとともに販売している。不況の日本と佐賀に勇気を与えたい」と話す。佐賀市の「大隈記念館」では、数年前まで西郷らの名前が入った説明文付きで展示していたから、信じる人が多いのもわかる。もっとも、同市文化課は「根拠がない」として、「今は致遠館の写真と紹介している」。

この二十一年間、謎の解明は進んだのか。先の上野氏は、十年前にフランスで見つかった鮮明なフルベッキ写真を見せてくれた。

三十年前の著書「写真の開祖 上野彦馬」には、裏書きなどから撮影年月日が判明している写真をもとに、彦馬スタジオの内装の変遷を紹介している。慶応年間のスタジオは十人入れば窮屈だったが、明治以降に拡張され、床は中央が石畳に変わった。

■慶応にはない石畳と敷物鮮明

「不鮮明な写真をもとに、いろんな人がいろんなことを言うが、鮮明な写真で、石畳と敷物がはっきりと分かった。慶応年間の写真には、このスタジオは出てこない」と上野氏は断言する。彦馬が撮影した長崎の別の学校の学生とフルベッキの送別記念写真(「明治初年撮影」とされている。長崎歴史文化博物館所蔵)の内装とも一致する。

上野氏は苦笑する。「これだけの人が集まれば、必ず記録があるはずなのに、信じている人たちは『秘密会議だからだ』と言うから、いやになりますよ」

三年前には、一九〇〇(明治三十三)年にニューヨークで出版されたフルベッキの友人グリフィス著「フルベッキ伝」の全訳「新訳考証 日本のフルベッキ」(洋学堂書店)が出版された。同書で、訳者の村瀬寿代氏は、グリフィスが写真の中に岩倉具定・具経兄弟、大隈重信がいると書いていることから、彼らの足跡を調べ、撮影時期を明治元年十月から同十二月の間と推定した。

「額に入れて生きる糧にしている人も多い。正当な歴史を後世に残すべきだ」と、以前の記事を思い出して本紙を訪れた慶応大学の高橋信一助教授も、「写っているのは致遠館関係者。撮影時期は明治元年十月二十三日から十一月十九日」との論考を公開。明治の撮影なら、竜馬や天皇がいるはずがない。

佐賀の歴史に詳しい佐賀城本丸歴史館の杉谷昭館長は「いろんな推察ができるのが、この写真の面白いところ。まだまだ研究が必要」と話す。広告の陶板額の業者も主張する。「佐賀藩士の写真なら、研究で明らかにしてほしい。いずれ決着をつけなきゃいけない写真ではある」。肯定派も否定派も「まともな議論」を期待しているようだ。

1985年の「こちら特報部」記事 第1弾(6月24日付)で、写真の所有者の入手経路をたどり、「田中竜夫元文相の家に代々伝わる写真」という伝説を否定。1枚1万円程度で売られたものが、複写を重ね、広まったことが判明。第2弾(同27日付)で、大の西郷ファンだった島田隆資氏が76年の論文発表後、自ら英傑の名前を書き込んだことがわかった。「撮影後、すぐに名前が書き込まれた」という説を否定。第3弾(同30日付)で、写っている可能性が高い岩倉具定の記録を調査。長崎留学の時期、「開国五十年史」の記述、上野彦馬スタジオの記録から、撮影は明治以降で、英傑写真ではないとの結論に至った。

◆写っている“英傑”たち◆

1-勝海舟 2-中野健明 3-中島永元 4-後藤象二郎 5-江藤新平 6-大木喬任 7-井上馨 8-品川弥二郎 9-伊藤博文 10-村田晋八 11-小松帯刀 12-大久保利通 13-西郷隆盛 14-西郷従道 15-別府晋介 16-中村宗見 17-川路利良 18-黒田清隆 19-鮫島誠蔵 20-五代友厚 21-寺島宗則 22-吉井友実 23-森有礼 24-正岡隼人 25-陸奥宗光 26-中岡慎太郎 27-大隈重信 28-岩倉具綱 29-ウィリアム・フルベッキ 30-フルベッキ博士 31-岩倉具定 32-高杉晋作 33-横井小楠 34-大村益次郎 35-桂小五郎 36-江副廉蔵 37-岩倉具経 38-岩倉具慶 39-広沢真臣 40-明治天皇 41-岡本健三郎 42-副島種臣 43-坂本竜馬 44-日下部太郎 45-横井左平太 46-横井太平


明治天皇が写っているとさえ言わななければ多少は説得力はあるが、明治天皇を別にしてもこれだけの元勲が一堂に顔を揃えるとは信じがたい。氏名には推定もあるそうだが、写真嫌いだった西郷隆盛が写っているなら、大変なお宝だそうである。

氏名 出身地
明治天皇  
フルベッキ親子 オランダ
勝海舟 幕臣
西郷隆盛、大久保利通、黒田清隆、森有禮 薩摩
高杉晋作、桂小五郎、伊藤博文 長州
坂本龍馬、中岡愼太郎、後藤象二郎 土佐
大隈重信、江藤新平、副島種臣 肥前
陸奥宗光、横井小楠、岩倉具定、岩倉具綱、岩倉具慶 その他




389 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 16:42:34 ID:ClfLbxTRO
>>1
明治以降、日本の政治がマジでおかしいのはこう言うわけなのか
売国奴でしかない
アジア主義者がのさばったり、
まともな状態ならありえない事態
民主党が支持を集める
とか
-----------------
いま、コンビニにおいてあったオカルト系の雑誌の、いわゆる
2012年マヤ歴終了特集に書いてあったが

神道を司っているある一族により
その一族から、歴代の天皇が受けてきた
厄払いみたいな儀式が
明治天皇以降行われていないという

この儀式を受けていないで天皇制が続くと、
百年後には日本が滅ぶという言い伝えがある

390 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2009/08/30(日) 16:48:58 ID:moli0HmG0
2010年、経済回復は一向に進まず、失業者や貧困層を中心とした
暴動や犯罪が頻発していた。
その頃、ネット上で言論活動を行っていた、ある政治グループが圧倒的支持を受け、
ボランティア団体を支持母体とし、政党を結成。マスコミに取り上げられる一方、
各地で外国人労働者排斥運動が活発化。ホームレスもスラム化し、集団自殺問題も世情を不安にさせていた。
そして、9月の参院選で議席を獲得し、既存政党の離散集合が始まる中、自民残党や愛国派議員らも参画し、続々と会派ができ、2011年には会派を吸収し、政府与党の脅威となっていく。
やがて、カリスマ的な党首は、圧倒的な支持・人気を受け、第一党に躍り出ることになり、国民投票により日本初の初代大統領となる・・・。
無論、この背後では、国際金融資本家らの資金が動いている...。


391 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[] 投稿日:2009/08/30(日) 17:01:26 ID:moli0HmG0
>>389
マヤ族最高神官のドン・アレハンドロ氏が
2008年来日され、春分に富士でセレモニーをするまでの間、
伊勢神宮に赴いて地球のための祈り、神事をささげられました。
その事は伊勢の神官さんたちも来日を聞くまえから知っていたらしく、
マヤの神官がここを訪れる予言が前からあったのだ、というそうです。

392 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 17:12:46 ID:LFMVogBV0
>>389
やっぱ大室王朝ってマジネタなのかねぇ・・・


393 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 18:40:07 ID:Hm8BLOvW0
>>389
厳密には明治時代までは続いていた。
それが大正天皇の代から行われていないと。
明治天皇が崩御された明治45年は1912年
だからそれから100年というのは2012年なわけだがw
スポンサーサイト

カリブ海で海底遺跡大発見?仏紙報道に他メディアから疑問の声。

カリブ海、巨大な海底の古代都市! 大発見、公開される!!
特殊サテライトの映像から見る 数千年昔の見捨てられた広大な古代都市、大規模な土台の上に立ち並ぶピラミッド、支柱、梁など、信じられない構造性と精密さ、謎のアトランティスとは異なると研究者。 先日公開された 失われた古都 ミラド マヤの世界最大のビラミッド、グアテマラの密林の下からの古代都市に共通点がるのだろうか?
Niknews  Researchers have revealed the first images from the Caribbean sea floor of what they believe are the archaeological remains of an ancient civilization. 091216usa



カリブ海に沈んだ古代都市発見? 仏紙報道に他メディアから疑問の声。

カリブ海に沈んだ古代都市の遺跡を発見した――。仏紙ヘラルド・ドゥ・パリが紹介した、ある研究者グループの“発見”が話題を呼んでいる。ただ、これまでもカリブ海では幾度か古代都市に絡む“発見”の話題が出たことはあり、そのいずれも信憑性に足るものではなかったとの経緯を踏まえ、欧米メディアでは、今回も疑問を投げかける声が大きいようだ。



ヘラルド・ドゥ・パリ紙によると、研究者の名前は「本人の希望」により、明かされていない。場所は「カリブ海」としているが、この研究者グループは現地調査ではなく、人工衛星からの写真で発見したという。同紙サイトではその写真を6枚公開し、さらに後日、新たに9枚を追加。いずれも海面と思われる青い世界の下に、かなりの範囲に街らしき構造物のようなものが見える。研究者は「衛星で見えるほど、我々が見つけた地点は浅い場所にある」と語っており、水深は約700メートルほどだという。



また、研究者グループは、今回の発見は2001年のキューバ沖での発見とは関係なく、新たなものと主張。高くて細いピラミッド状の建造物や、格子状に伸びる街のつくりが「人間の関わりなしにはできない」と話している。その歴史は数千年前と考えられ、「恐らく、エジプトのピラミッドよりも古い」と見ているそう。現在、研究者グループはその場所が存在する国の政府に保護される前に研究を行いたいと、あえて詳しい情報を明かさず、調査をするための資金集めをヘラルド・ドゥ・パリ紙を通じて呼び掛けている。



一方、英紙デイリー・メールは、ヘラルド・ドゥ・パリ紙の内容に触れながらこの話題を紹介。しかし、研究者グループが名前を含め、情報の詳細を明かしていないことなどから、懐疑的な論調だ。また、同紙は「念のため」という表現をつけて、「疑いを持つ人は、彼らの正体を暴こうとはしなかったものの、ネット上では疑問視されている」とも伝えている。

米ニュースサイトのイグザマイナーでは、「無名の考古学者が、カリブ海で文明の遺跡を発見したと主張している」と伝えたものの、具体性に欠ける説明に「賢明に言葉の使い方を選んでいる」とバッサリ。「最近の発見の主張に関して、我々は広い心を持っているが、どことも分からない無名の学者と写真は信頼できない」と、完全に疑惑の目を向けている。

こうした否定的な意見が多く出ている一方で、ヘラルド・ドゥ・パリ紙は「(米ニュース専門局)MSNBCの番組で、2分間のストーリーが放送された」との記事を掲載し、その番組の動画も公開している。果たして今後、研究者グループが疑問の声を覆すような新情報を出してくるのか、注目しておきたいところだ。



続きを読む<< ←youtube動画はここをクリックして下さい。

UFO?ノルウェー上空に青い光の巨大渦巻き出現!!

水曜朝ノルウェー上空に忽然と現れたこの不気味な青い光の巨大渦巻きが世界をパニックに陥れています。
国内TV局NKRには市民が携帯で撮った写真と映像、問い合わせの電話が全国から殺到! ニュースは海外のお茶の間にも瞬く間に広がり、専門家は解説ビデオをYouTubeに発表して騒ぎの収拾に躍起です。これって一体なんなんでしょうね? 

091209_fenomen_over_borras_top.jpg


これ動画で見たら100%ミサイルでもオーロラでもない。



まずは、証言からおさらい。ハースダット(Harstad)在住Nick Banburyさんは目撃したときの状況をこう語ってます。

ここ北極圏ノルウェーではオーロラはしょっちゅう見えるので慣れっこなんだけど、今朝仕事に向かう途中に見えたのは全く予想外のものでした。あれは現地時間の7:50~8:00 a.m.のことでした。上空に奇妙な光が見えたんです。最初はオーロラ色によく似た緑の光線が現れて、片端がぐるぐる旋回してたんですね。やがて渦巻きがみるみる大きくなって、空に巨大なハロ(後光、光輪)ができたんです。そこから緑の光線が地上まで伸びていました。



こちらは全国各地から寄せられた夥しい数の写真...。

091209_fenomen_over_borras_d.jpg 091209_fenomen_over_borras_f.jpg

091209_fenomen_over_borras_h.jpg 091209_fenomen_over_borras_i.jpg

さて、以下は専門家が用意した解説状況のシミュレーション動画です。



なるほど、燃料切れになったロケットが制御不能となって旋回しながら落ちてくる様子がわかりますね。うーん、言われてみれば、その通りかも。

ノルウェー天文学者Knut Jørgen Røed Ødegaardさんは「制御不能になったロケットと見て99.9%大丈夫だろう」と話してるし、一部の新聞・TV局はロシア軍内部の複数ソースから得た話として、「白海の原子力潜水艦から打ち上げた多弾頭ミサイルBulavaが失敗に終わった跡に間違いない」という談話を紹介してますよ。

ロシア海軍はミサイル発射失敗の可能性は否定してるのですが、ノルウェー防衛庁によると、この巨大渦巻きが空に現れる前にロシア海軍から発射テスト実施の事前警告があったそうですよ? 発射したことはしたみたいですね。



12月10日に今度はモスクワ上空に三角錐の飛行物体出現!

エヴァの使徒みたいな三角錐のUFOが空に浮かんでるぞ。
(フルスクリーンだとよく分かる)

これマジ凄いw

続きを読む<< ←youtube動画はここをクリックして下さい。

エリアン対人類の宇宙戦争

この戦争の本質は 通常の人類とエリアンの組織的戦闘というものは存在しない。
あったとしても、人類の宇宙軍は 直ぐに無くなってしまうからである。
なぜなら、エリアンの戦闘艦のサイズは 数十キロであるから、人類の戦闘航空機は サイズ比を考えても蚊程度の大きさでもない。




通常の戦闘能力から考えても、人類が核兵器を使おうとしても、UFOによって幾度も使用不能にされていることからも相手にならないということである。

勿論、UFOのリバ-ス・エンジニアリング(分かりやすく云えばUFO技術の盗用)をして地上でもUFOを作らせたりしているが、それは 少し歯ごたえのある戦闘能力を人類が持つように配慮した結果に過ぎない。





「エイリアンとエイリアン」の宇宙空間での戦闘であれば、確かに宇宙戦争であるが、この戦争の性格は 戦力比から一方的に地上の施設・都市などが破壊されていくだけの戦争であるからである。
(このことは 最近のアメリカ軍とイラク軍の戦闘を思い起こせば良い、圧倒的な空軍の戦闘能力差のために、抵抗も出来ずにイラクの諸施設・都市が空から爆撃され破壊された最近の戦争を思い起こせば良い。 この徹底したものが「都市攻撃」たる所以である)
このYouTube動画では 地上の破壊シ-ンが、フェ-ザ砲(プラズマ球電を発射して破壊する砲)で描かれている。

しかし、予言では どちらかと云えば、レ-ザ砲・光線タイプのエネルギ-砲(地上タイプがイラク戦争ではアメリカ軍によって試しに使われた。 発射されると強い電離作用で周囲に雷のような放電光を伴い目標を照射する。 最近、アメリカ軍が旅客機を改造してレ-ザ砲を発射できるようにしたものの情報が流されていたので承知しているかたもいるかもしれない)、で専用の砲台に並べて、射撃を楽しむような構造となっている。





11月にオバマ大統領が宇宙人と会見しUFOが披露されるかもしれない!?

TAG
戦争 UFO エンジニア 写真 イラク 都市攻撃 アメリカ 動画 YouTube 画像


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。