タグ

秋葉原 名古屋大学 リサ・ランドール 循環取引 宇宙人 北朝鮮 厚生労働省新型インフルエンザ NHKスペシャル B2ステルス爆撃機 大物アイドル 違法コピー エンジニア 堕胎 ワコール ブラックホール 自民党 サイゾー 新型インフルエンザ クスリ ボランティア団体 山崎樹範 ダビデの星 カリブ海、 キセキ 20世紀NG名珍場面 マック 都市攻撃 ミカエル ロケット ギャンブル 零戦 ヒロシマ原爆 USO 心霊 雀基鎬 銀座 新型 女子高生バンド アポロ計画 AKB48大声ダイヤモンド CM 食料値上げ Cher 自給自足 KeyHoleTV 新型インフルエンザ予防接種 中国経済 献金 チベット問題 中継国 講談社 ROOKIES 原子力 新型インフルエンザ検査 年金時効撤廃法 加藤容疑者 ニート 海外 オウム 中学イケてないグループ芸人 麻生太郎 インフルエンザ 人権擁護法案 政治資金規正法違反 マニフェスト アーノルド事件 素人文化 J-WALK アンビリバボー ウイグル YouTube 神道 正社員 瞑想 労働者 広末涼子 変態報道 古代都市 アメリカ WaiWai 思想の科学 月光音楽団 ウォール街 マイナスイオン 不法入国 財部 軍国主義 ベーシックインカム 安倍政権 歩行者天国 自由主義 W杯 Tokyo 平野早香 NHK 海底遺跡 反日 ホラー SCANDAL,TOMOMI,RINA 森山直太朗 ジェンダーフリー ハドロン衝突型加速器 初披露 上海万博 心霊映像 民主党 不動産 松原仁 インド 政情不安 プロパガンダ 動画 アイドル 大東亜戦争 鶴見俊輔 パニック ラスト・フレンズ 偽札 真珠湾攻撃 地産地消 伊勢神宮 C・ダグラス・ラミス フジテレビアナウンサー 保護主義  心霊写真 小林よしのり kamikaze ジュリア 岡田武史 米バージニア州銃乱射事件 親子別姓 臓器移植 夢列島 ちとちんとん ラビ・バトラ 東京大空襲 蘭香レア 沖縄左翼 靖国 稲川淳二 (汗 アメリカのドラマ ナースのお仕事3 CMソング 虚偽記載 朝鮮総連 TV 27時間テレビ 下半身 家族の未来 サッカー おぎやはぎ フルベッキ 第二次上海事変 マスコミ 異星人 グローバリズム 瑛太 P2P ェル事件 下着姿 アメリカ軍 鳥インフルエンザ 天文学 日本代表 奇妙な光 政府通貨 犯罪 共産党 歳末イケてる家電芸人 ニコニコ 少女売買 ショムニ 苫米地英俊 プロレタリア文学 地獄村 イラク ワクチン新型インフルエンザ AKB48 プラグマティズム  新潟地震 マスク新型インフルエンザ 浜崎 野口美佳 女神転生 防衛省 人身売買 メディアリテラシー 関東大震災 フランスのテレビ 英語版サイト スペシャル wwwwwwwwwwww ヘッジファンド 地域通貨 チャンネル桜 地獄のB組 一人っ子 本田美奈子 ユダヤ人 レベッカ ロシア バスジャック VIP Final 倍賞美津子 竹内文書 マヤ歴 怪奇写真 パチンコ ホリケン 長澤まさみ 教育基本法 謎の声 特攻 JAPANデビュー Fantasy 大量虐殺 蟹工船 空売り 小林多喜二 西原亜希 2ch 一世風靡・セピア 朝ズバッ! ユダヤ チーズかつバーガー 夜の鶯谷 中国 最終戦争 中国共産党 公職選挙法違反 新型インフルエンザ症状 クラブ プロファイリング NHK集団訴訟 フリーター 新型インフルエンザ特徴 子供 隠し撮り 丸山眞男 水川あさみ 精力 南京 派遣村 パクリ アメトーク 江頭2:50 デビューシングル 知ってはならない歴史 マフィア アーネン・エルベ Bombing ベトナム戦争 たけし 2012年 エガちゃん ムー大陸 注意力 FNS27 内戦 ロスジェネ 満州 ガレージロック 伯壬旭 ハローワーク 非正規雇用 薩長連合 恐怖政治 科学的 少子化問題 拉致 宇多田ヒカル ティアマト 無職 パーソンズ フリーメイソン 韓国 教育現場 パチンコ業界 毘沙門天 在日 阪神大震災 第四次世界大戦? アイドルマスター 故人献金 厚生労働省 加藤智大 セクロス フォトン 通り魔 家電芸人 庶務二課 夏の日の1993 イルミナティー 青い鳥 西松建設 反戦活動 解散 シオニスト 胎児 幽霊 資本主義 上野樹里 ルシファー 南京大虐殺 外国人地方参政権 送出国 チェッカーズ of 桜プロジェクト 新型インフルエンザ対策 フリーアルバイター 黙示録 加耶大学 マイクロソフト 911 ヒトラー 集団的自衛権 ケビン・クローン フリーター漂流 芸能TABOO class 記者クラブ wwⅡ 新型インフルエンザ潜伏期間 左翼 氷河期 パンデミック 家族崩壊 東名高速 麻薬 社保庁解体 ジェームズ・シャノス 終戦記念日 起業家 マヤ さんま ロール 鳩山由紀夫 偏向報道 報道 化石燃料 インディーズ マインドコント 吹上御所 おっぱい 闇の実態 アルバイト 社会不安 ロズウ 農業 夫婦別姓 大高未貴 山本モナ ヘブライ語 派遣社員 無差別 グラミー賞 チベット 天皇陛下 イスラエル 毎日新聞 朝鮮人 PV 日刊サイゾー FNS 最終回 ランク王国 父親 ピラミッド 3月危機 ダウンタウン ノルウェー 踊るさんま御殿 博愛丸 彼女 ユダヤ語 ロックフェラー ナチスドイツ アトランティス ザイクス ドン・アレハンドロ 女子アナ 戦争 長野・聖火リレー ワロス 恐韓症 国際金融資本 国立追悼施設阻止 前田有一 唐招提寺 中国人 LHC heavenly6 ノストラダムス ラスト・バタリオン オーロラ Tommy バブル崩壊 GReeeeN 受入国 画像 浜崎あゆみ 14歳 オカルト板 枕営業 民主主義 芸能界のタブー 北朝鮮経済制裁 写真 野沢尚 ハケンの品格 井上陽水 ニセ科学 SCANDAL 太平洋戦争 ワールドカップ アメトーーーーーク! エーライフ ニュースショー 新型インフル 民法改正 法隆寺 海洋基本法 UFO カッコイイ曲 事故 全米1位 厨二 日銀 タレント 神風特別攻撃隊 崩御 韓流ブーム 青山繁晴 都留重人 BIS国際決済銀行 性行為 犯罪収益移転防止法 青春時代 めちゃイケ エロ­CM 酒井法子 

 カテゴリー

全ての記事を表示する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angie Gold - Eat You Up

今日は懐かしいユーロビート特集です。
メジャー系~マニア系まで。



1985

ういういしぃ (^^)

Kylie Minogue - Turn It Into Love


1988

Wink(ウィンク)は、1980年代後半から1990年代中期にかけて活躍した、日本の女性ポップス・ユニット。鈴木早智子と相田翔子の二人組。

WINK復活おめでとうございます。

Lana Pellay - Pistol In My Pocket

懐かしすぐるwwwwwwwww

Dead or Alive - Brand New Lover

DJブースで照明スタッフやってた頃を思い出すなぁ。。

主にシンセサイザー等の電子楽器を多用した、4/4拍子で、120~160BPM前後の速いテンポの楽曲を特徴とする。曲の構成としては、Aメロ、Bメロ、サビをそれぞれ2回ずつ繰り返す楽曲が多い。元来ハイ・エナジーと呼ばれていたジャンルの音楽であるが、英国の音楽雑誌「レコード・ミラー」が、「ハイエナジー・チャート」の名称を「ユーロビート・チャート」に変更したことにより、日本国内で特にこの名称が定着した。いわゆる洋楽であるが、日本国内のみで発売されているコンピレーション盤がほとんどである。1980年代中期から全国展開したNOVA21グループの高級ディスコ「マハラジャ」「キング&クイーン」で主要ジャンルとしてヘビープレイされ、ユーロビート=ディスコの曲と認知され、注目されるようになった。

1980年代後半から1990年代前半にかけて「ザッツ・ユーロビート」というコンピレーションCDがアルファレコードから発売され、ブームに火を点けた。同シリーズはVol.44まで続き、今ではユーロビートの古典的存在となっている。また、同時期には、他社からも「ユーロビート・ファンタジー」(ポニー・キャニオン)、「ベスト・ディスコ」(ビクター)というシリーズが発売され、ディスコ・ブームとともにユーロビートは一世を風靡した。なお、荻野目洋子(「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」)や、BaBe(「Give Me Up」)、Wink(「愛が止まらない」、「涙をみせないで」)などのアイドルがカバー曲を発表している。この当時の曲はいわゆる1980年代ユーロ(ビート)クラシックとして区別されることもある。

この時代のユーロビートは、有名プロデューサーによる大量生産の時代でもあった。初期には、PWLのストック・エイトキン・ウォーターマン(Stock/Aitken/Waterman)が一大勢力を誇っており、カイリー・ミノーグ、リック・アストリー、デッド・オア・アライブなどが彼らのプロデュースによりヒット曲を出していた。その後、イタリア出身のM.Farina/G.Crivellente/F.FadingerによるユニットF.C.F.らによって多数のアーティスト、ヒット曲が輩出された。これらは「イタロビート」と呼ばれた。

その後、エイベックスから「スーパーユーロビート」(1989年~)「ユーロビートフラッシュ」(1995~1998年)、「ユーロマッハ!」(1999~2002年)というコンピレーションCDシリーズが発売され始め、「スーパーユーロビート」は現在でも続いている長寿シリーズとなっている。松浦真在人が直接イタリアのユーロビート・レーベルと契約し成功させたが、世界的にユーロビート全体の人気は落ち目な為、これらのレーベルの作品は、現在ほとんど日本国内で消費されているのみであり、日本国内でのみ人気のあるジャンルをイタリアのレーベルが何年間も制作しつづけるという珍しい現象が起きている(※参考項目:SUPER EUROBEAT)。

ディスコではパラパラと呼ばれるダンススタイルで使われる音楽として定着しているが、オール・ジャンルのイベントでも80's以外ではユーロビートはほとんどかからず、アンダーグラウンドな位置づけである。

80年代ユーロビートと90年代ユーロビートには多少の差異がみられる。前者は、BPM120~135程度でサウンドもシンプルなのに対して、後者は、テンポがかなり速く(BPM150~160程度)、シンセの高音が際立っている。

TVアニメ、頭文字Dでは、初期作品から現在のFourth Stageまでクルマ同士のバトルシーンでユーロビートが使われており、新たなリスナー層を開拓。モータースポーツシーンでも、SUPER GTのオフィシャルBGMに起用されるなど、車社会へと浸透していった。

ユーロビート制作レーベルは人の流動が激しく(日本の文化で例えるならITベンチャー企業のようなもの)、分子化による新レーベルの設立や作家人によるレーベル間の移籍などが頻繁である。近年ではDELTA等が代表的な例である。

Aleph --- Fly To Me


Holiday/Madonna(1983)

うわー、ファッションも化粧もモロ80年代風…。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。